ひげ脱毛とは/ ひげ脱毛グッズ/ ひげ脱毛への疑問/ ひげ脱毛の体験談/ 脱毛基礎知識/ レーザー脱毛とは/ レーザー脱毛器/

医療レーザー脱毛の原理 のページを説明

医療レーザー脱毛の原理

医療レーザー脱毛は、レーザー光が黒色にしか反応しないという特性を利用し、毛の発生源である毛根を熱破壊する脱毛法です。

レーザーの光が毛のメラニン色素にあたると、光エネルギーが熱エネルギーに変わります。熱エネルギーは毛根に蓄積され、一定のレベルに達すると毛根を熱破壊します。毛包に存在する毛を再生させる細胞が熱破壊されるため、毛が再生されることがなくなり、永久的な脱毛効果を得ることができるんです。

しかし、毛根にメラニン色素の存在しない時、つまり毛周期のサイクル・休止期と退行期にあたる時期は、レーザーが反応しませんので効果はありません。そのため休止期の毛は成長期に入るのを待って、再度脱毛する必要があります。部位によって違いはありますが、約2ヶ月に1回程度の間隔をあけて、定期的に脱毛するのがベストです。

医療レーザー脱毛に使用するレーザーは、黒色にだけ反応するため、周囲の皮膚へのダメージが低く、非常に安全な脱毛方法です。

敏感肌の方やアレルギーのある方、脱毛部位に色素沈着がある方にも、レーザーの出力や波長の設定を的確に調節することで、リスクを減らし安全に脱毛を行なうことができます。

| レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛の原理は参考になりましたか?

ひげ脱毛に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい。ひげ脱毛に関するキーワードを参考にしてみてください。

ひげ 永久脱毛
レーザー脱毛 ひげ
ひげ脱毛 クリーム
ひげ 脱毛剤
髭 脱毛
ヒゲ 脱毛
レーザー脱毛器
ひげ脱毛.netのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]医療レーザー脱毛とは
>>[次]医療レーザー脱毛の特徴

ひげ脱毛.netのTOPへ
"医療レーザー脱毛の原理"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。